ママさんのこころと愛犬ちゃんのこころは繋がっていました !

H.K.さま(東京都江戸川区在住) 

 

H.K.さまは心臓病の手術をした愛犬ちゃんの胃腸の状態がおかしく夜中の下痢、掃除、お尻洗い・・・、でほとほと疲れ果ててHAPPY ♪ ダブル・ヒーリングを受けてくださいました。

 

H.K.さまはアニマル・コミュニケーションも勉強しているため、ご自分の心情が愛犬ちゃんに共鳴していたり、愛犬ちゃんからママさんに、何か伝えたいことがあってこのような状態になっているのだろうな、ということも、何となく理解されていました。でも、ご自分では、中立の立場を保てず、ちゃんと聞けないと私のセッションをご活用くださいました。

 

 

以下はお電話カウンセリング終了後のご感想です。

2015年の2月、僧帽弁閉鎖不全症の急激な悪化により肺水腫を引き起こしてしまい、外科的治療を選択、3月3日に僧房弁修復術を受けました。

手術自体は成功し、心臓の方は順調に回復、食欲も元気もあるのですが、4月上旬から下痢を繰り返すようになり、最近は嘔吐(胃液)も 頻繁に。最初は手術後に飲ませていた血栓予防の薬の副作用かと思い、先生と相談して途中で薬を辞めのですが、その後も下痢は続きました。

 

私は元々とても心配症な上に、特にKに依存していること、Kを失うことを異常なまでに恐れていることも自分で自覚しています。Kが肺水腫になり、手術をし、現在に至るまで、自分自身が、常に緊張で張りつめた状態で、精神が落ち着いた、休められた・・・と平安を感じられるようなことは殆どありませんでした。

 

阿部さんがカウンセリングやヒーリングをスタートされてから、いつか一度頼んでみたいなと思っていたのですが、今がその時かなという気がして、お願いした次第です。

 

 

第一回目のヒーリング終了後のご感想です。

ヒーリングどうもありがとうございました。宣言をしてほんの少しするとまぶしい光がチカチカし、勢いよく体にエネルギーが入って来るのを感じました。私は体感もしますが、エネルギーを光で感じることが多いです。しばらくすると入ってくるスピードは落ち着き、首周りがズーンと重くなりました。左脇腹と足の裏に響きを感じました。
 
途中で「ここにいるよ」と浮かんだので、(聞こえたのではなく、感じました)「誰?」と聞いたのですが、わかりませんでした。阿部さんの(ヒーリング後)のレポートを見て、そういえば、そのイメージ(ここにいるよ)は左上から浮かんだわ!と思ったのですが、今の時点では、残念ながら思い当たることはありません。。。でも、変なものではないと感じて頂けて安心しました。(私も結構色んな念を受けやすいタイプみたいなので)
 
「ここにいるよ」と浮かんだ時、誰かに見守られている安心感を感じたのか、なんとも言えない感情がこみ上げてきて、自然に涙がこぼれました。また、ムショウに自分で自分のことを褒めてあげたくなって、「頑張ったねー」と泣きながらいっぱい褒めてあげました^^
 
K、左のお腹に痛みがあるのですね。まだ、下痢とやや軟便を繰り返している状態ですが、レイキを流した後にシャーシャーになることが多いので、やっぱり下痢は解毒なのかな~と感じています。本当なら下痢にとことん付き合ってあげたいのですが、もうこの状態も長いため、疲れ果ててしまってるのが本音・・・。
私の状態が改善することで、K、も少しでもよくなってくれれば、と思ってます。

 

 

第二回目のヒーリング終了後のご感想です。

本日もヒーリングして頂きどうもありがとうございました。今日は、薄いピンク色とホワイトのエネルギーが頭上からシャワーのように降り注がれた感じがしました。体感は今回は少なくて、何度かお腹がグルグルと鳴り、左肩の脇の辺りと右太ももに響きを感じました。
 
Kは今日の夕方までひどい下痢だったのですが、今日の最後にしたウンチは少しよい状態でした。ご飯も、やっぱり療法食の缶詰は嫌だねと主人と話し、今晩のご飯からいつもの手作りご飯に戻しました。首はもうずっとひどい凝りに悩まされていたのですが、Kのハイヤーセルフさんなのですね。目については、なんとなく・・・なのですが、サードアイの開眼を妨げているブロックがあるように感じています。それかしら・・・?
 
それと、私が憑依体質かどうかですが、私、つい最近まで全く無自覚だったのですが・・・、Kの心臓が、私の新しいスタートの準備が進むにつれて悪くなって行ったので、原因を探るべく、霊視鑑定・統計学鑑定を3月と4月に立て続けに受けたのです。霊視鑑定では、ある人からの妬みによる 生霊に邪魔されていると言われ、統計学鑑定では、妬まれやすく、人の気の影響を受けやすいと言われ・・・。
 
それまで自分では全く自覚したことがなかったのに、続けて同じような鑑定結果が出たため、「私って、そうなんだ~」と思ってしまってました。阿部さんのメルマガをずっと読んでいて、阿部さんが憑依体質を克服されたことも知っていたのに、今回自分に起きたこととリンクさせることが全くできていませんでした。
 
意図することが大事なのは知っているのですが、なかなか日常に取り入れることができずにいます。でも、意識、切り替えてみますね。気付かせて頂きあ りがとうございました。
それから、昨日もそうだったのですが、変容のエネルギーに変わると光の質が変わりました。なので、目を瞑っていても、10分経ったタイミングがわかりました。

 

 

セッションから二か月後のお便りです。

Kの調子は、カウンセリングの後もしばらくの間は3歩進んで2歩下がる、というような状態だったのですが、ゆっくりだけど確実に良い方向に向かっているのは見えていたので、心配しすぎることなく過ごすことができました。今は、天候などで一時的に緩くなることはありますが、症状が長引くことはないのでこちらもあまり心配していません。
 
 
Kの術後から5月までは、私自身も他にも心乱れる事があったり、同時進行で周りの状況がかなり大きく変わったりしたので、私の心境と深く共鳴した結果だったのでしょうね。また何かの折にはお力をお借りすることがあるかもしれませんが、今はお蔭様で穏やかな日々を過ごせています。本当にありがとうございました。
 

これは ヒーリングアーティスト*かめ゜さんの【拡がりの名刺】という作品です。

画像には癒し効果が入っています。また、この色はあなたの女性性を応援してくれる色です。

どうぞハートで感じてください。

 

 

H.K.さまはレイキ・ヒーリングのできるヒーラーさんです。そのためエネルギーに敏感で、ダブルヒーリングは途中でエネルギーが変わるのですが、それもしっかり認識してくださいました。

 

最初にお写真を拝見した時に、愛犬ちゃんの抱き方で愛犬ちゃんへの強い依存感情を感じました。大切に想う気持ちが少しだけ過剰な形となって愛犬ちゃんに流れている様子でした。下痢というのは強い自己否定の感情からくることもあるため、ママさん自身がご自分を受け容れることができれば、愛犬ちゃんの症状は緩和されるだろうとすぐにわかりました。H.K.さまご本人がおっしゃるように、愛犬ちゃんの術後から、ママさん自身が心乱れたり、環境が大きく変わったためにそれと深く共鳴してしまった愛犬ちゃんの症状だったのです。

 

H.K.さまは自己分析が冷静にできるタイプです。ご自分のエネルギーと愛犬ちゃんのエネルギーが同調しやすいことを認識されているので、今後仮に何か起きても、今回の経験を生かしてくださるのではないでしょうか。



ヒーリングはその時の「癒し」だけでなく、その後の状況緩和にも役立つケースがあることを再認識させていただきました。

ページTOPへ戻る