地球のエネルギーは昨年の秋に変わっていた !?

地球の波動が変わっている。

 

そんなことを三週間前ほどにお伝えしました。

季節が異様なスピードで進んでいるのを感じます。

 

ふと思い出しました、わが家のベランダの花たち、

いつもは春先に鳥君が花をついばみにくるのですが、今シーズンは昨年の晩秋にすでに春の花たちを食べつくしていたことに。

 

あの時には気づきませんでしたが、今、満開を超えた春の花たちをみて、「そうだ !」と想い出したのです。

 

鳥君にとっては地球のエネルギーを感じとるのは、何らむずかしいことではなく、地球が先に進んでいたから晩秋に花を食べつくしていたのではないでしょうか。

 

私はまるで気づきませんでした、そう、多分人間が一番鈍感です。

そういう覚悟がないのでまるで感じ取ることができなかった。

 

そう言えば、と想い出したのは、愛犬・華実が去年の秋口からお散歩に行くと機械のようなクシャミをして、機械のよう、というのは「クシュシュシュシュ」とまるでマシンのようなクシャミの繰り返しをしていたのです。

 

「アレルギーかな」とも感じたのですが、その後もほっぽりぱなし。

ま、いっか、といつものモードには入ってしまいました。

 

しばらくおさまっていましたが、最近、たま~に、あの「クシュシュシュシュ」が出るのですが、それ以外はまったく何も出ていないし、何より本犬が元気なので、私の中では「ノー・プロブレム」状態の認識になっています。

 

もしかしたら、あの「クシュシュシュシュ」も華実なりの地球への同調のサインなのかもしれません。人間でもクシャミや咳は波動調整の筆頭ともいえる現象ですから。

では愛猫・海・うみはどうかと言うと、昨年の冬、今年の春とスーパー・ハイテンション・モードが続いていて、性格が「さらに」オープン・マインドになっていて、今もとどまるところを知らず状態です。

 

私が地球のエネルギーを意識しているからそう感じるだけなのかもしれません。

けれど私の「カン」は当たることもないわけではないので、まんざらピント外れではないかもしれません。なかなかまどろっこしい言い方(笑)。

 

いずれにしても鳥君が真っ先に地球に同調したのか、あるいは華実が先なのか、ことの真偽はわかりませんが、まったく無関係とはいえないかもしれませんね。

 

さらに想い出しました、私の昨年の秋の突然の「自己流断捨離マイブーム」の到来。今まで何度も挫折したのに、今回は確か二か月近く続き、同時にものすごい量の「鼻」が出て、身体的にも大浄化が起きていました。

 

そして秋に行ったマカオ旅行では、私にしては驚異の、「3日間6万歩」を達成しました。

 

ふむふむ、そう考えてみると、地球の波動はすでに昨年の秋に変わっていた、という仮説はあながち見当違いでもなさそうです。

 

すでに私の周りの人間関係が大きく変わっています。

哀しい事実ではありますが近しい方の旅立ちもありました。

 

この先、どこに向かうのかどんな変化が現れるのか、怖いようでもやっぱり楽しみの方が数段上です、私の中で。

 

気にとめなければただの異常気象。

気にとめると波動の変化。

 

ちょっとした視点の違いで私たちの視ている現実は変わります。

それは今までも、そしてきっとこれからも。

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る