謝謝と再見

謝謝。ありがとう、の意味。

再見。さようなら、の意味。

 

太極拳レッスンの最後に、先生が必ずこの言葉を使ってあいさつします。

 

「謝謝。このご縁に感謝」

「再見。またの再会を祈って」

 

こんな意味合いが込められているんだとか。

 

縁あってご一緒できましたね、そのことに感謝。

縁があってまた再会できるといいですね。祈りをこめて。

 

これってなんにでも言えることではないでしょうか。

 

人との出逢い。

縁あってお逢いできました、ご一緒できましたね。

またお逢いできることを楽しみにしています。

 

再見はもしかしたら明日かもしれないし、一か月後かもしれないし、あるいはあの世での再会もあるでしょう、さらに来世での再会もあるかもしれません。

 

そう考えると、縁あって「今」ご一緒させてもらえたことも、また次なる再会をさせてもらえることもすべて「あちら」主導のご縁、ということにならないでしょうか。

 

さらに「再会」はタイミングはわからないけれど、必ずやってくるもの。永遠の別れなんてないんだよ、という意味に繋がってくるような気がします。

 

太極拳は宇宙と繋がるための体操のようなもの、気を集めて、自分自身の気を高めようとするもの、けれどその「気」も決して自分主体ではなく、あちら主体のニュアンスがあるのかもしれません。

 

気と巡り合うことさえ、「ご縁」と捉えているような気がしませんか。

 

となるとモノとの出逢いもみんなそうなのかな、と感じました。

 

縁あって出逢えた数々のモノたち。

形はゴミとなって一回さようなら、をするけれど、またいつか縁あって出逢えるのではないでしょうか。

再び巡り合えるその日までのつかの間の「さようなら」なのかもしれません。

 

人との出逢い。

縁あってしばらくご一緒させていただいたけれど、一旦お別れの形が訪れる。

そしてまたいつか「再会」の日がやってくる。いつかはわからないけれど必ず。

 

そう、ただ循環しているにすぎないのです、私たちすべてが。

たまたま自分を「主」で視ると、自分の前にあらわれて、そして自分の前から姿を消して、また少し形を変えて自分の前にあらわれてくれて。

 

すべてのご縁は「循環」しているその現象の一つのような気がします。縁も授かりもの、ということなのかもしれないですね。

 

謝謝と再見、どんなシーンにも使えるこの言葉。この言葉を使うだけで「一人ぼっち」の淋しさが和らぐような気がするのは私だけでしょうか。そもそも人は決して一人では生きていないのだけれど。

 

太極拳レッスンからいただいたプレゼントの一つ。

この言葉に巡り合えただけでもみっけもの、かな(笑)。

 

というか、かなりのお宝気分です。こういうの大好き。

これもまた「ご縁」。

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る