エネルギー激変の予感、です

書こうかどうしようか迷ったのですが、書いた方が良さそうなので。

 

エネルギー激変の予感です、私自身に起きているだけ、とは思えません、地球全体の激変、さらにそれをキャッチしている方がたくさんいるような気がしています。

 

私に限って言うと、目をつぶっただけで全身にヒーリング・エネルギーが流れます。

自分の意図はなしに、です。

 

今までも瞑想状態に入ると自然にヒーリング状態になったのですが、きょうの感覚はそれとは異なり、明らかに他者がヒーリングしてくれている感じです、目をつぶった瞬間にモードが変わってしまうようです。

 

私は、セルフにしてもクライアントさまに対しても、ヒーリングのエネルギーをお送りする時は、「どこどこ」とか「〇〇の症状に対して」とか、その対象を限定することはありません。

ただひたすらエネルギーの導管となって、エネルギーを送り続けます。同時に「良くなりますように」とか「改善しますように」ということも意図しません。それを決めるのは私ではないからです。

 

するとその時にふさわしい形で、ふさわしいところにエネルギーが強く入る、という感覚が私自身に返ってきます、セルフの場合はダイレクトに課題があるだろう箇所・部位にエネルギーが入ります。

 

きょうのヒーリング・エネルギーはその数倍のパワーを感じます、目をつぶった瞬間、まるで誰かがヒーリング・エネルギーを送ってくれている感覚。それがずっと続きます。

 

今、当エッセイを書いていてもだるくて仕方ありません、つらいだるさではなく、まだヒーリングが続いているような体感があります。

 

私は睡眠とか夢とか、その時の状態はまったく知識として理解していないのですが、もしかして目をつぶった瞬間に睡眠状態と限りなく近い状態に近づいているのかもしれません、そしてこれは完全に私個人の推測ですが、私たちは睡眠状態に入った時、自然にヒーリングの状態に入っているのではないでしょうか。

 

睡眠不足だと身体が辛くなるのは、そのヒーリングが体感しにくい時間が長いタメではないでしょうか。

 

つまり、睡眠と瞑想はほぼ同じ状態。そのヒーリングのされ方にも個人差があるのかもしれませんが、私たちは眠ることによって自然の叡智、宇宙の叡智を知らないうちに受け取っているのかもしれません。

 

確かダライ・ラマは「睡眠は一番の瞑想だ」というような言葉を言っていたような記憶があります。

身体の疲れが取れる、とは実際にヒーリングが施されている、ということなのではないかと、そんな感覚をキャッチしました。

 

地球の波動は変わっている。

私は数カ月前からそのことを確信し、実際体感もあるのですが、この、今の状態ももしかしたら地球の波動と関係してのことなのかもしれませんね。

 

こういう時の「フラフラ感」はしっかりとグラウンディングすることで緩和されるはずです。

グラウンディングの方法としては、地球の上をしっかりと歩くこと、そして三次元レベル、物質レベルの生活をきちんとすることなどが考えられます。

 

私は「書く」ことが物質世界の私にとって最大の味方となるだろうと理解しているため、きょうはエッセイを三回もアップしてしまいました。

それでもまだヒーリング状態はおさまりません。

 

もしかして、と感じているのは、前エッセイでのお話、「密教系との因縁による、前世がらみでの封印が全部解かれているのかも」ということです。

 

となると「言葉」の力はまさに「言霊」となって作用してくれているのでしょうか。

 

私の「言霊パワー」の封印が解かれたのでしょうか。

 

私はもしかして、自分の「言霊パワー」さえ封印する、という選択をしてきた魂なんでしょうか。

 

ハードル高すぎ。いつも思うことなんですけれど(笑)。

 

わかりませんね、自分の人生なのに、この先のシナリオがまったく見えません、だからこそ楽しいのかもしれませんけど。

 

この後のご報告、すっごく楽しみです。

 

私たちはさまざまな体験をシェアすることで、地球の波動調整の役に立つ、という仕組みがあるんだとか。

体験を恥ずかしいこととか、変なこととか自分で判断せず、判断は他者に委ねる。

ただ体験をシェアする。

 

ヒーリングと同じですね、ただ体験の導管として、その事実を伝える。

 

その先のことは自分は関与しません、できません、という意味があるのかもしれません、ふと今、そう感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る