肉体としての自分

ここ何か月か、とにかくグラウンディングを、というメッセージを感じ続けていました。

 

地球のエネルギーが変容し、フラフラ、フワフワしがちな場合が多いからです。

 

特にエネルギーに敏感な方は、宇宙との繋がり感も感じられてともすると地面から足が離れてしまいがちに。

 

そういう方の何人かは、おそらくこのタイミングで天国へと旅立つ、という選択をしているのかもしれません。もちろんそれはその方の人生の選択であり、課題なので他人が口をはさめることではありません。

 

ただし今、現在、グラウンディングができてなくて、意識が拡がり過ぎて肉体としてのご自分を見失いがちになっている方も見受けられます。

 

地球が自分の居場所ではないと感じている方、幼い時から希死念慮の強い方、多分私の潜在意識もそんなところを感じているようですが、こういう時こそしっかり深呼吸をして、大地と繋がりましょう、リアルに、肉体であることを意識しながら。

 

三次元、五次元という言葉に抵抗のない方ほど、フワフワしがちです。

 

人間のチャクラは下位チャクラがしっかりしていないと全体のチャクラバランスが崩れてしまいます。

 

私は6年程前、チャクラの様子がわかる、という方に視ていただいたことがあって、その時上位チャクラの色が強烈すぎたらしく、「一体あなたは何者なんだ」と言われたくらいでした。

 

当時、リップサービスだと感じていたので間に受けなかったのが幸いしたのか、あるいはその言葉から潜在意識はきちんとなすべきことの指令をくれていたのか、私はそれからトコトン瞑想をし、愛犬・華実とお散歩をし、呼吸法をとりいれたエクササイズを週三以上のペースで行い続けてきました。

 

そのお蔭なのか、ここに来てやっと下位チャクラが正常に開き、上位チャクラとのバランスも取れつつある感覚を体感で感じられるようになりました。

 

おそらく、あの時の私は地に足がついていなくて、危なかった状態だったのではないかと。

自分の顕在意識では理解できていなかったけれど、希死念慮が相当強かったのかもしれません。実はあの時、愛猫・海・かいが突然天国に還った哀しみで私の真ん中は空洞状態だったのです。

 

旅立ちも含めて、すべて私たちの魂が自分自身で決めて来ている、という考え方があります。

ですから結果的に旅立ちの選択をしたとしても、それはそれがベストだったから、ということになりますが、もしも少しでも意識がこちらで生きることを優先しているような感覚があるのなら、すぐにででもグラウンディングをおすすめします。

 

グラウンディングのできない肉体はありません。

 

私たちの命は「心身魂」三位一体で成り立っています。

そのいずれもがバランスよく機能していることが、こちらの世界で生きるという意味です。

 

私は先月友人を喪いました。ずいぶんと時間がかかりましたが結果的に彼女にとってはベストのタイミングだったのだとの理解にいたることができました。けれど肉体的にはグラウンディングができていなかったのでは、と感じます。もちろん良い悪いではありません。

 

ただそれも彼女からのメッセージの一つなのではないかと感じているのです。

こちらの世界で生きる、ということのために必要なこと。

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る