やっと心がまん中に戻ったみたいです

涙があふれています。

 

やっと心が真ん中に戻って来てくれたみたいです。

 

自分が愛着障害だと気づいて一年半。

一人でずっとこの課題に向き合ってきました。

 

出口のないトンネル ?

いつまでこんなことを続けているの ?

 

あいも変わらず瞑想に割かれる時間が多くて、私の人生このままフェイド・アウトなのかしら、とも感じたり。

 

今朝、心のフタがパカッと開いた感覚を味わい、そして今、まもなく私のハートにグリーン・カラーが戻るとの感覚が。

 

ハートの色はピンクとする説もあるのですが、チャクラ・カラーの解釈ではグリーンなのです。

そのためなのでしょうね、私はここ4年間、毎年春になると桜林の精霊に呼ばれ、その習慣は、今の緑の美しい季節にも続いています。

 

たった今、愛犬・華実とご近所の桜林の東屋で静かな時間を過ごしたばかり。

その後、芝生の丘から美しい夕景を眺めていました。

雲の切れ間から零れ落ちる太陽の光がまぶしくて、ああ、豊かな時間だ、とひっそり心の贅沢を味わっていました。

 

そして今、時々お邪魔するサイトを訪れたら。

 

愛着障害の克服の記事が書かれていました。

 

長かった、孤独な作業でした。

けれど一人でやりきることこそに意味があるとのメッセージも受けていました。

 

アローンネス = オール・ワンネスだとこれもどこかのサイトにあった言葉です。

 

大いなるすべてを感じるためには、孤独もまた重要なマターだと。

孤独を感じるからこそ、大いなる一つが感じられる。

大いなる一つを感じるために、私たちは一度徹底的に孤独に陥る、と。

 

私は誕生数秘でみると「マスター・ナンバー33」。

その意味は「愛の奉仕人」。

 

どれだけこの言葉に苦しめられて来たか。

 

特に「奉仕」が私にとってはどうしても「自己犠牲」の概念と繋がってしまい、ここを抜け出すのにものすごいパワーを必要としました。

 

今朝、知人に「自己犠牲から抜け出せたみたいだ」とメールを送ったばかりです。

 

真実を引き寄せられたのでしょうか。

 

 

お祝いです。

主人と華実と愛猫・海・うみ、と目に視えない私のパートナー、サポーターたちとの合同祝祭です。

 

 

 

 

ページTOPへ戻る