死にそうなほどつらかった日

信じられません。

 

前エッセイに続き、当エッセイも執筆中に全文が飛びました。

それも二回も。

 

これは「YES ! その通り」のサインなんですが、こんなにも続くそのことに意味がありそうです。

 

かなり執筆していたのに 泣 。

 

何を書きたかったか、ポイントだけお話します。

 

私は今まで「絶望感」というフィルターを抱えて生きて来たらしいことが昨日わかりました。

顕在意識ではなく潜在意識の部分。

 

つまり無意識のうちに。

 

それをきのう感じきる状態が突然押し寄せて来て、その後意識が大きく反転しました。

 

「絶望感」から「希望」へと。

 

それを感じるプロセスがあまりにも気持ち悪くて、まるで「死」に直面しているかのようだったとのお話をさらに深く、濃く書いていました。

 

それが二回も消えたということは。

 

もう、希望と共に前進するしかない。

今を希望で埋め尽くすしかない。

 

という強い誰かの後押しを受けているということなのでしょうか。

 

「死」ではなく「生」のまっただ中にある自分をただ感じつくせ、ですね、きっと。

 

私たちの「生」は「心身魂」の三位一体のバランスによって成り立っています。

これを極めろ、突き進め、ただただ自分たれ、と。命ある限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る