肛門からの愛のメッセージ

眠くて仕方ありません。

 

パソコンに向かいながらも、ついついうとうとしかけていたら、肛門に軽いかゆみ。

かゆみと言ってもかゆくて仕方ないというタイプのものではなく、肛門で何かのエネルギーが動いている感じです。

 

私たちの身体にあらわれるある特定の症状やその現象は、潜在意識からのメッセージを伝えているものだという考え方があります。

 

早速、肛門について調べてみたら。

 

吉報です。

 

何かを終わらせ、次に進んだ段階を示しているんだとか。

 

自分のことは自分で決められるし、またその責任をすべてを自分でとれるようになったから、だそうです。

 

どうやら自立のサインのようですね。

 

「今を生きる」というメッセージが何度も浮かび上がって来ています。

よくいわれる「いまここ」。

 

けれどスピリチュアル的な「いまここ」って実はあの世における「いまここ」ではないかと感じていました。

 

何ものとも分離していない、包括感のある、真実の「いまここ」。

 

何を真実とするかは人によって異なるものなのかもしれません。

 

私にとっての真実の「いまここ」。

それは自分自身が世界のヘソになる、ヘソである、という感覚と共に蘇ってきました。

 

リアルな世界をしっかりと地に足付けて生きる感覚です。

現実と一体化する感覚です。

現実のまっただ中に、ただ在る感覚。

 

しつこいけど 笑、「ただいま。還ってきました」「おかえり」感覚です。

 

心身魂の三位一体での「いまここ」感。

 

こんな気象、気候の時ですから、これくらいグラウンディングしていないと、私の場合大変なことになってしまいそう。

 

きちんと「ふさわしい」状況が「ふさわしい」時にやって来てくれました。

やっぱり、ですね。

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る