気持ちい~い、けど早速鼻炎チック

気持ちいいです。

外を歩いても汗が出ません。

 

ベランダの椅子に座り、空を眺めながら木々のざわめきを感じたりして、なかなかに快適な時間を過ごしています。

 

さて、さっそく鼻炎チックです、花粉症チックというか。

 

私は元々重篤な花粉症で、ところがここ5年くらいはほぼ完治状態です。

ただし季節の変わり目になると数日だけ、鼻がクシュクシュします。

 

これは病気とは言いません、体調調整の症状なだけ。

逆に言うと、誰よりも早くに季節の変化をかぎとります。

文字通り鼻が利くタイプだったりします。

 

この症状は怒りの解放にも通じるんだとか。

何かに対して怒っていたそのエネルギーがきちんと外に出てくれたよ、のサインなんです。

 

何か、は深く追求しません。

ただ怒りが出て行ってくれたその事実にだけ「ありがとう」と。

 

それくらい「怒り」は普通の感情。

「怒り」はよくないなんて思う必要はまったくありません。

たいてい「怒り」の奥に「淋しさ」を隠し持っているものなんです、私たちは。

その「淋しさ」を探った方が断然効果的。

 

ちょっと調べてみたら、

 

◎ 愛情や注目を集めること

◎ 直観を無視すること

◎ 存在感が薄いという想い

◎ 人から軽く扱われる

 

などなどの感情が相当するようです。

この辺は十分にあり得ます。

 

と感じるということは、おそらく「直観を無視して、愛情や注目を集めたくて自分を小さく感じてる」というような自己像が浮かんできます。

 

それらに気づけたということは意識は反転し、「直観とつながっているよ。人から大切に扱われているよ。ちゃんと尊重されているから安心して。何より自分を尊重できているという証拠なの」というものに変わる可能性があるということ。

 

鼻炎になりやすい方、私のように花粉症チックの症状が出やすい方、その原因には心の意識があるんですよ、という考え方の一つの例になるかもしれませんね。

 

こういう症状は命とりになることはありませんから私の場合はほおっておきます。すると自然に治っています。

けれどせっかくあらわれてくれた症状に託されたメッセージは受け取った方がお得です。

Giftですものね、これらの症状もメッセージも。

 

これがおさまればまた「免疫力」が少しだけアップしてくれるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る