コスモスの花が咲きました

先日、桔梗と寄せ植えをしたコスモスの花が開きました。

 

コスモスの意味を調べてみると。

 

「cosmos」は宇宙という意味。

 

もともとは古代のラテン語で「秩序だった美しいもの」「完結された世界観」という意味の言葉だったそうです。

 

そこから派生してなのでしょうか、花言葉は「調和」「平和」「純真」「無垢」「謙虚」などの意味があるんだとか。

 

買った時はすべてツボミ。

おそらくミックス植えです。

 

最初に咲いたのは、一番ポピュラーなあの、少し濃い目のピンクの花。

 

こうやってみていくとそれほど自己主張は強くないけれど、確固たる世界観を感じさせてくれますね。

 

宇宙は秩序だった美しいものであり、完結された一つの世界をなしている。

 

ここが個人的に気になりました、良い意味で。

 

ハートに響いたのです。

 

私たちの生きるこの世界は一見無秩序に思えても、その本質は実は完成された、美しい秩序にのっとったものである、ということでしょうか。

 

何かが秩序を保っている。

私たち一人一人の命も、その生死も。

 

その都度その都度私たちはジタバタ、アタフタしてしまうけれど、それらも含めてすべて秩序ある世界の統制によるもの。

 

と考えるとあまりジタバタしなくてもいいのかな、ま、してしまってもいいのかな、となんとなく安心感に包まれたりします。

 

本当は私たちのすべてが受け容れられているから。

どんな細かいシチュエーションも、どんなに細かい感情も、すべて対等にフラットに。

 

そんな、宇宙のスケールの大きさ、懐の深さを伝えてくれている花なのかもしれませんね、コスモスって。

 

花言葉の「謙虚」って、実はつつましいというより、キャパが大きいという意味なのかもしれません。

 

普通にみせておいて、その実「大物」みたいな感じでしょうか。

 

今まではわざわざ買ってきて寄せ植えにしようと思わなかったけれど、今年、今、なぜか我が家にいることにも何らかの意味があるような気がしてきました。

 

それも宇宙の秩序なのかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る