無価値感によって自分を安売りしていませんか ?

どうせ私なんて愛される価値がない。

 

どうせ私なんて幸せになる価値がない。

 

どうせ私なんて人から認めてもらえる価値がない。

 

どうせ私なんて豊かさを感じる価値がない。

 

どうせ私の話なんて人に耳を傾けてもらう価値がない。

 

どうせ、私なんて。どうせ。どうせ。

 

もしもそう思っていることがあるとしたら、あなたは自分の価値を自分で下げていませんか。

 

どうせ自分は価値がない、と思うことは自分自身の安売りにつながります。

 

なぜ無価値感を抱いてしまったのか。

 

その大元は大いなる源からの分離意識によるものです。

 

分離意識が強ければ強いほど、直感につながりにくくなり、その結果無価値感を抱いて、「どうせ私なんて」と自分をまるでセール品のように扱ってしまうのです。

 

私自身、この無価値感は相当大きいようで、「ようで」としているのは私の顕在意識ではなく潜在意識でのお話だから。

 

潜在意識というのは「無意識」の範疇です。私たちが自分自身で認識しているのは「顕在意識」。その比率は9対1とも8対2とも言われています。いずれにしても潜在意識が絶対的に優位です。この潜在意識が私たちの人生を牛耳っている、というのが心理学の伝統による考え方です。

 

私も、こんな考え方まったく知らずに生きてきて、ここ4年くらいでしょうか、「えっ、そうだったの ?」とびっくりして、とにかく潜在意識に向き合おうとがんばってきました。「がんばって」というより、意識のフォーカスするところをさまざまな側面に拡げたという方が正しいかもしれません。

 

表現の適切、不適切はあるにしても、潜在意識をおいてきぼりにしてきた人生を急ピッチで仕切り直したという感じです。

 

ここ数日「無価値感」という単語が何度も浮かびあがってきていたのでその概念に「ヒーリング」したり、再度浮かびあがってくるので何度も感じきったりを続けてきました。

 

そして、きょうのこと、「私は無価値感によって自分自身を安売りし続けて来たんだ」という事実がわかったのです。

 

さっそく、無価値感による自分自身の安売り、という意識を感じつくし、同時にヒーリングのエネルギーを送り続けているところです。

 

きょうの深夜、満月になるそうです。明日も満月パワーは強いとのこと。

 

満月の前に、自分の安売りぐせを統合してみてはいかがでしょう。

 

私の場合は、その意識エネルギーにフォーカスしてその感覚を感じながら深呼吸を繰り返し、さらにヒーリングのエネルギーを送ります。

 

今の私にはこれが合っているのでこの方法です。あなたもハートに響くようならご自分に合った方法でご自分の安売りぐせを統合、あるいは浄化してみると良いかもしれませんね。

 

「満月、浄化」「満月、ヒーリング」「満月、クリアリング」などで検索するとさまざまな方法が紹介されているはずです。

 

むずかしく考えないで、ご自分のフィーリングにお任せ、が良いのではないでしょうか。メソッドにとらわれるのではなく、自分の真ん中を信頼して。

 

もし満月に間に合わなくても、いつだって自己統合は「有効」です。ご自身にとってのベストのタイミングは、ハートが教えてくれますから、焦らず安心してゆったりとご自分に向き合ってみましょう。

 

自分に向き合うことの習慣づけができてしまうと、あとはきちんと流れがあることに自然と気づけます。

 

何もわからなくて、と気持ちが焦ってしまう時は深呼吸だけしていれば大丈夫です。

 

これもきょう、ストンと腑に落ちたばかりの感覚なんですが、深呼吸をすると自然に「魂」、あるいは「ハイヤー・セルフ」、呼び方はなんであれ、「ハートのど真ん中」という感覚につながることができるんです。

 

それが「直感」だったり「直観」だったりをもたらしてくれます。

 

それらが感じられないのは「分離意識」が強いから。その「分離意識」を緩和する方法が「深呼吸」。

 

私たちに必要なものはすべて私たちの中に携えられています。すべての人に平等に。そうは感じられないとしても。

 

私たちはみんな守られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る