ヨガのライオンのポーズはノドのチャクラを開く

ヨガのライオンのポーズ。

 

13年間忘れていたけれど、スポーツ・クラブに通い始めた頃のストレッチの先生がライオンのポーズを教えてくれていました。当時は何に効果的なのかもわからず、その先生はすぐに辞めてしまったので、その存在自体、忘却の彼方へ。

 

ところが、これ、きちんと意味があったのです。

 

13年お世話になったヨガの先生も、今教わっているヨーガの先生もヨガの先生もこのポーズをレッスンに取り入れることはありません。

 

「ノド」にヒーリングをしようとして調べものをしていたら、「偶然」、ライオンのポーズのことが書いてあり、ビックリ。

 

さっそくやってみたら、咳が出ます。確かにノドのチャクラに癒しが起きるようです。

 

すごく簡単なポーズです。ハートに響いた場合は、ご自分で調べてみるとおもしろいかもしれませんね。

 

ライオンからのメッセージを調べてみたら。

 

新しい太陽が昇る時。自分の中の女性的パワー「直感」「想像力」「創造力」を信じれば自分の人生に新しい光が差すでしょう、とのこと。また太陽の母性、という意味が見つかりました。

 

前エッセイ『ピンクのハイビスカス』での内容と完全シンクロです。

 

再び、感涙。

 

ちなみにノドのチャクラは「コミュニケーション能力」と「創造性」に大いに関係があります。

 

ライオンのポーズが「今」再び私とつながってくれたのも、大いなる流れの一つ、なのですね、きっと。

 

実は当エッセイ執筆直前に「女神の誕生」というメッセージが浮かびあがっていました。

 

私が女神という意味ではなく、すべての人、男性ももちろん、「自分自身の女神 =女性性」のめざめの時、完全開花の意味だと解釈していました。

 

あなたのハートはこのメッセージをどんな風に感じ取ってくれるのでしょうか。

 

コミュニケーションって「言葉」を伴うもの、とのイメージが一般的だと思いますけど、私はエネルギーでのコミュニケーションの方が言葉を介するコミュニケーションよりさらに強力、だと感じています。言葉は取り繕える。けれどエネルギーはウソをつかないからです。

 

つまりごまかしがきかないんです、良い意味でも悪い意味でも。

 

新しいコミュニケーション、創造の時ですね。待っていました、この時、この瞬間を。

 

そうは言ってもこのように「言葉」を使う機会がまだまだ多いのも事実です。コミュニケーションのチャンスが拡がった、あるいは複数のコミュニケーション・ツールの融合、融和が進んだということでしょうか。

 

どちらも「拡大」「循環」のイメージ。

 

 

【「無限大 ∞」】

 

 

当エッセイは流れる水のように自然な感じで執筆することができました。サワサワっと清流が言葉を発したイメージ。水の精霊ちゃんかしら。天国在住、愛猫・海の仕業かしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る