「傷つくことの恐怖」解放

傷つくこと。

傷つきやすいこと。

 

それはハートが閉じていたから。

 

ハートが開くと傷つきやすさ、という制限が必要でなくなります。

 

ハートを閉じていると、どんどん傷つきやすくなってしまう。

 

あるがままを受け容れられなくて。

 

あるがままを認め、受け容れれば傷つきへの恐怖はどんどん少なくなる。

 

受け容れられないから傷つくのです、傷つきへの恐怖がどんどん膨らむのです。

 

私たちは傷つくのが怖いからハートの扉をパタンとしめてきましたね。

 

ハートの扉を開けて「さぁ、いらっしゃい」と手を広げて受け止めれば、そこに傷つきの恐怖は顔を出しにくくなる。傷つきそのものはなくならないけれど、それをいけないモノ、つらいモノとは思わなくなります。すると「恐怖」は軽減します。

 

いっぱいいっぱい傷つき体験をしてきたから、やっと受け容れることができるようになりました。

 

私の中の傷つきクイーン、大きなプレゼントをありがとう。

 

傷つくこと、傷つくことへの恐怖に「愛」を込めて、当エッセイをしたためました。

 

元々私はハート全開傾向タイプのはず。いつから扉を閉める癖が優先してしまったのか。それとも生まれつきそうだったのか、その事実にさえフタをしていたということもあるのでしょうか。

 

複雑でめんどうくさいけど、かわいい私。

 

愛おしい私、です。

 

傷つきクイーンのあなたへ。

 

扉を開く時は必ずやってきてくれます。

 

焦らず、あなたのペースで、あなたのハートと対話しながら、扉を開けるチャンスを心待ちにしていてください。

 

ベストな時、の歓びのために。

 

祝福のその時には、よかったら私も仲間に入れてください。その歓びのメンバーとしてエネルギーの隅っこにちょこんと混ぜてもらえると嬉しいな。そうでなくても嬉しいな。なんでも嬉しいな、きっと。

 

あなたのハートの扉が開く、その瞬間。

 

傷つきクイーンは誰の中にも生きてくれているリソースです、そう、男性のみなさまの中にも。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る