遍(あまね)く愛

愛という言葉を使うと、うそくさくなったり、うさんくさくなったりすることがあります。

 

それは「愛」を特別視していたからだ、とわかりました。

 

「あまねく愛」

 

今朝、その感覚に包まれ、その言葉が浮かんできました。

 

私たちはみんな愛に包まれている。

私たちの周りはすべて愛。

私たちもすべて愛。

 

一見「敵」と思える存在さえ、私たちの味方であり、パートナーであり、仲間なのですね。

 

そこに「敵」という価値観をつけてしまったのは、他ならない私たち自身。

 

すべて味方だった。

すべて仲間だった。

 

そう、大嫌いなあの存在でさえ。

 

きのうの夜、寝る前に「今までの私のすべてと、私に関わってくれたすべての存在を許します」と唱え、数分間その意識に瞑想を行いました。

 

そのお蔭なのでしょうか、今朝の「あまねく愛」の体感は。

 

苦手な人、数人の顔が浮かんできました。彼らの中に愛のGiftが託されていたことがすぐにわかりました。

 

すべて愛でした。

すべてGiftでした。

 

こんな風に気持ちはある日突然変わります。

そうなっているようです。

 

私には「愛着障害」という心の特性があります。

 

愛への執着。言葉をかえると愛への過度の依存が私の心の特性でした。

 

愛と対等。

愛とお友達。

 

等身大の愛。

 

愛そのもの。私たちのすべてが「あまねく愛」。

 

このことを想い出すための「愛着障害」。ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る