普通に生きる

普通に生きる。

 

これがきっと一番むずかしい。

 

私たち人間は「エゴ」があるのでどうしても自分が一番でいたかったり、自分が特別であったりしたくなります。

 

今読んでいる本には「自我」と「他我」という言葉が何度も出てきて、頭がごちゃごちゃになってしまいました。

 

そんなこと言ってたら、何もできなくなっちゃう。

 

それが私の今の結論です。

 

自我だろうが他我だろうが、自分の中に湧き出てきた意識を受け容れる。

 

私にはこれしかできそうもありません。

 

何かしたいな、と思って、「待てよ、これって自我だよね」と思うことの意味があるんでしょうか。

 

人間にはそもそも他我も自我もあって、その自我は幻想で、とか言っていて楽しく生きられるのでしょうか。

 

少なくとも私には「無理」です。

 

挫折しました、断念します。

 

負けを認めます、潔く。

 

本来、勝ち負けではないかもしれないけれど、負けを受け容れるのは案外気持ちがいいものです。

 

その瞬間、新しい何かが自分のところにきてくれているものだから。

 

『失敗は成功の母』とはよく言ったものですね。

 

私たちの一見「失敗」は次なる成功のスタート地点ということなのかもしれません。

 

私たちの周りには動物や植物、そして地球という素晴らしい師がいるのに、その師の教えにこころを寄せないで、「まだまだ」「もっともっと」とさらなる外に向けて渇望のエネルギーを放射していることの意味がわからなくなりました。

 

頭の中はグルングルンまわっているけれど、できるだけシンプルに普通に生きたいな、が今浮かんできた私の気持ちです。

 

さっき、家のトイレにクモを発見。

 

クモちゃんからのメッセージの一つ。

 

言葉を紡ぎなさい。

夢や希望を紡ぎなさい。

 

わかりやすい、私には。

 

楽しく生きよう。肉体としての人生の歓びを味わおう。

 

そこに失敗や挫折はつきものだから、それも味わいながら。

 

私たちは自然の一部です。自然体で生きるように創られているんじゃないでしょうか。

 

その自然体の解釈が一人一人違うのなら、自分に一番しっくりくる解釈を探ればいい。

失敗したら手放せばいい。

その解釈に「参りました」とギブ・アップすればいい。

 

次なるチャンスのために。

 

私にはこれがいいな、と。

 

人の真似をすることがしんどくなりました。

 

私は私。

 

あなたはあなた。

 

人の数だけ人生の歓びがある。

 

大切なのは自分の真ん中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る