ミモザの蕾が膨らんでいる !

マンションの植栽、ミモザの木にかすかに「黄色」を発見。

 

そう、まさしく蕾。

 

わがマンションは豊かな植栽に囲まれている。

 

ミモザはその中でも毎年、春を一番に感じさせる「春告げ花」。

 

新春とはよく言ったもの。

 

新春は、新たな年、新たなエネルギーという意味よりむしろ、大地はいつもめざめの季節なのだよ、の暗号なのかもしれない。

 

さっそくミモザの花言葉を調べてみる。

 

ミモザが和名「アカシア」であることをはじめて知る。

 

風水的には、あの丸みを帯びた黄色い花が金運とご縁の象徴らしい。

 

ゴールド。

 

人間のみぞおちにもゴールドがある。

 

太陽神経叢と呼ばれる体内ソーラー・システム。

 

私の太陽神経叢とミモザの精霊が共鳴し合ったようだ。ここに生きているよ、存在しているよ、力強く、という意識と共に。そして光った。

 

花言葉としては、「友情」「真実の愛」「豊かな感受性」「神秘」などがあるらしく、そのベースには「感謝」の意味が隠されているとのこと。

 

これだけ見ただけでお腹いっぱい、幸せいっぱい。

 

私の脳はいたって単純。

 

ここまで書いたら、時間は「1333」。

 

ここのところ「111」「1111」と「13」の繰り返しばかりを目にする。

  

先ほども「1111」の車のナンバーを二台続けて見た。

 

「1」は始まりの数字。

春は始まりのエネルギーをいまかいまかと土の中に蓄えている季節なのかもしれない。

 

13が忌み数字なんていうのは、これっぽっちも真実ではない。少なくとも私の生きる世界では。一説によると13は最強の数字なんだとか。どちらから視るか、どこから視るかで真実の解釈は真逆に変わる。片方から視て大騒ぎをしてパワーを使うのはもったいない。

 

もちろん「1」の連続数字にも負の意味だってあるのだろう。これらを特別視したって仕方ない。ただはじまりと終わりがある。終わって始まる。それだけ。

 

土、地球。

 

地球とつながる。それがもっとも人間らしい姿だ。生き方だ。人間の原点は地球。

 

地球とつながるということは、自分の器を大きくするということ、デンと構えること。生命の母として。原点と同一化する。

 

ミモザの精霊はおしゃべり好きらしい。

 

言葉が次から次に浮かんでくる。

 

春はすでにきていますよ、みなさん。私たちの中にすでにいつも「在る」のです。あの生命の煌めきと躍動感が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 追記

 

私の中の意識の一部、「大天使サンダルフォン」意識が活性化しました。

 

これはどなたの中にもある意識です。大天使とついていますが、翼のはえたエンジェルちゃんがやってきた、という意味ではありません。もちろん宗教的なものはまったく関係ありません。どんな信仰をもっていようと、信仰なんてないという信仰をもっている人でも、すべての命に偏在しているエネルギーです。

 

内なる意識ゾーンの活性化。

 

大天使サンダルフォン意識は、マザー・ガイヤとのつながりをサポートしてくれ、また動物や植物、鉱物など、自然の精霊とのつながりも強化してくれるものだそうです。

 

自然とのつながり、同一化をフォローしてくれるのです。

 

私たち人間は自然の一部。マザー・ガイヤが父であり、母であり。

 

地球の四大元素による生き物はすべて「自然」の一部です。

 

「自然」そのものです。

 

その状態に寛ぎなさい。

 

それが「マザー」の愛。

 

足元をしっかり見つめて自分の足で立つ。自分自身の真ん中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る