だいすき !

だいすき !

 

すごいです、前エッセイ『ちゃんと言えました ! 2』のご褒美、いきなり届きました。

 

そのご褒美は私の身体が教えてくれました。女性性器が笑うかのようにエネルギーの振動を伝えてきたのです。無意識のうちに、自然に、です。

 

きのう、私は自分の女性性に対して「イヤなヤツ」と思っていたらしいことをお伝えしたばかり。

 

今度は「だいすき !」の言葉と共に女性性器にエネルギーが流れたのです。

 

自分の身体の声がこんなにも明確に、すぐに感じられるようになるなんて、言葉をかえると、私はどれだけ自分の女性性を痛めつけてきたかがわかります。

 

「だいすき !」のあと「無価値観」という言葉が浮かびました。

 

私は、私の命など価値がない、この世で生きる価値も愛される価値も幸せになる価値もない、と感じていた様子。

 

さらに、「私の女性性なんて、まったく無価値だ」と感じていたのでしょうね。

 

身体が潜在意識からのメッセージを次々に伝えてくれています。

 

身体とこころはリンクしています。

 

身体とこころは共鳴し合っています。

 

私たちのこの肉体の中で、いつもハーモニーが奏でられているのです。

 

それは時に痛みとしてあらわれる場合もあります。必ずしも快適な感覚ばかりではありません。

 

けれどそれも大切なメッセージです。メッセージに良い悪いなんてありません。

 

ユーミンのナンバー『やさしさに包まれたなら』にあるように「すべてのことはメッセージ」。それをどう感じるかだけ、です。

 

まさか、「だいすき !」を女性性器がキャッチしてくれるなんて思いもしませんでした。

 

仲良くなったよ、あなたと。

 

女性性からの愛あふれるメッセージですね。あたたかい、包容力のあるメッセージです。

 

女性性はどんな人の中にも存在します、男性の中にも。

 

あなたは女性性とどんな関係を築いていますか。

 

労わっていますか。

愛おしんでいますか。

大切にしていますか。

尊重していますか。

寄り添っていますか。

 

その時が来たら、必ず女性性と仲直りができます。

 

早く仲直りしたい方は、私のような人間をどうぞご活用くださいね。

 

トコトン女性性を否定していた私でも仲直りができました。

 

むずかしい理屈より、事実が大切。体験が大切。体感が大切。

 

自分自身の身体を大切に大切にしましょう。

 

身体は私たちそのものですから。

 

こころも魂も。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る