こころの春

『ミモザの蕾が膨らんでいる !』

 

10日ほど前、こんなお話をしていましたね。

 

きょうは強風。どこに行っても樹々が揺らめいています。

 

私の住む街は、背の高い椰子の木が植わっているため、ザワザワっとその揺らめきが必要以上に目に飛び込んできます。

 

桜餅をいただきました。近くのパン屋さんの軒先には、ピンクのチューリップが咲いていました。

 

こんなに寒いのに。

 

愛犬・華実とのお散歩で桜並木を遠巻きに感じると。

 

なんと桜の木の周りがうすぅくピンクにもやっているのです。

 

もちろん、桜はまだまだかたいツボミのまま。

 

ツボミがほころぶ季節には程遠いのに。

 

私が春を待ち遠しく感じていることのあらわれでしょうか。

 

この寒い冬があるからこそ、あの春の柔らかさが冴えわたるのですよね。

 

ピンクは女性性の色。一説にはハートの色だとも言われています。

 

私の中のピンクが映し出されて、真冬の桜にピンクのオーラを感じたのでしょうか。

 

寒~い中でのお散歩に、精霊たちが「よく来たね」とプレゼントをくれたのかもしれません。

 

地球は優しい、自然は温かい。

 

どんなに過酷と思える状況でも、彼らがいる限り私たちは「大丈夫」なんだと、そんな気持ちにさせられます。

 

華実とのお散歩は本当に贅沢な時間です。

 

きょうは寒くてお友達にはほとんど逢えなかったけれど、13歳になっても軽快なステップでお散歩を楽しんでくれる華実のハートにありがとう。

 

華実は愛猫・海・うみのように、私とのコミュニケーションはあまり得意ではありません、その一方で全身で愛を放射してくれているので、それだけで誰もが幸せを感じられる。

 

ある意味、すごいわんこです。「邪」がない。その分、「ゆるゆる」過ぎるところもあったりして、その両方があって華実。

 

逢えて、良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 追記

 

ピンクについて調べてみました。

 

ピンクは子宮の色。女性だけでなく、男性の女性性の癒しにつながるものなんだとか。

 

無条件の愛の色。情熱を使いつくした時にあらわれる慈しみの色。

 

このメッセージにあなたのハートは何を感じますか。

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る