河津桜の蕾が膨らんでいる !

きのう、しば桜に呼ばれたばかり。

 

きょうは河津桜です。

 

私の住むマンションの植栽に河津桜があります。きのうの愛犬・華実とのお散歩では公園の桜林を遠巻きにながめていました。そのためなのか、もしかしたら河津桜の蕾の膨らみを見過ごした可能性があります。

 

しっかり薄ピンクの蕾が膨らみ始めています。

 

ちゃんと視ないと確認できないくらい。

 

きのう、「あ、まだだな」と感じたお蔭で私のハートがマンションの敷地の桜は要チェック、と感じていたんでしょうね。

 

これって私たちの人生にも言えること。

 

私たちは幸せの種や真実の光を外にもとめて探します。

 

実は幸せの種も真実の光も自分自身の中にあるのに。

 

私は昨日、わざわざ遠くの桜林まで行って河津桜を遠巻きに見て、「まだツボミなし」の判断をしました。

 

きょうは、マンションの敷地内でツボミ発見。

 

灯台もとくらし。

 

すべてのことはすでにあなたの中にあるのだよ、という自然からのメッセージなのではないでしょうか。

 

こんなに寒くても春の兆しはちゃんとそこにあったのです。

 

河津桜の花言葉を調べてみると、「思いを託します」「淡泊」「純潔」「優れた美人」「精神美」、の文字が。さらに桜の木のメッセージは、「死と再生」、「覚醒」の意味があるんだとか。

 

この中の「精神美」と「覚醒」「淡泊」「純潔」はもしかしたら同じ流れかもしれません。

 

河津桜をみた後、近くのショッピング・センターに行ったら、いつも立ち寄る雑貨屋さんに新コーナーが開設していて、宇野千代さんの「さくら」シリーズ雑貨がディスプレイされていました。桜の香りものまで並んでいました。

 

ピンク、桜。

 

いよいよいよいよ、自然界のエネルギーの動きと現実の世界がつながりはじめている感じ。

 

桜咲く。

 

めでたいことの象徴でもあるそうです。

 

私たちの身に何かが起こる、という祝福なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る