新時代の風~平成とは「平らかに成す」

新元号「令和」。

 

その前に「平成」とは何を意味していたのか。

 

なるほど、「平らかに成す」時のことだっんだな、と腑に落ちました。

 

平らか、「フラット」。

 

私の中にはすべてのものが同じ価値を持つ、というイメージが浮かんできます。

 

善悪。善も悪も同じ価値。

 

光と闇。同じ価値。

 

高次と低次。同じ価値。

 

生と死。同じ価値。

 

この地球の意識概念のすべてが同じ価値、という意味です。

 

私たちはずぅっと、善は良いことで悪は悪いことで、あたりまえだけど。その価値は善が絶対的に上、と教わってきました。

 

けれど善は悪という概念がなければ、それ自体では「善」になり得ない。「悪」があってはじめて「善」が成立する。

 

確か、これは光の加減、というとらえ方があるはずです。

 

善も悪も本当は同じエネルギーだけど、光が増えるとそれは「善」になり、光が少なくなると「悪」になる。

 

光を愛に置き換えると、さらに話は伝わりやすいかもしれませんね。

 

 

 

すべてのことは一見対極にあるものと一対をなして、コインの裏表をなしている。

 

コインは裏だけでも表だけでもコインにはなりません。

 

この考え方は、中国の「陰陽思想」と呼ばれるものです。

 

三年くらい前にこの考え方がハートに響くようになり、自分の中の一つの柱になりました。

 

自分は善だと思って行っていることが、視る人から視れば悪、に視えることがあるかもしれない。

 

それこそ、立場が正義、というか。

 

その立場の違いは、すべてその人の潜在意識による、という。

 

個人的にはそんな考え方がシックリくるようになったのです。

 

 

 

そうやって、自分の中に一つの価値観として築き上げられたものたちの「枠」を全部取り払って、まっさらにする。

 

そう、意識の中に更地を創る感覚。

 

これが私にとっての「平らかに成す」のイメージです。

 

私たちは肉体を持っているので、デフォルトはもちろん「二極」「二元」です。

 

けれどそれは対立する相手としての「二極」ではなく、自分が存在するための相手としての「二極」というとらえ方をしていくと、相手に対する敵対心が減ってきます。

 

敵対心が減ると、自己防衛本能も弱まるので攻撃性も薄れます。

 

もちろんゼロにはなりません。なかなかどうして、人間はそんなに簡単には創られていないみたいです。

 

けれど、それらのことを少し意識していると、少しだけこころがフラットになります。

 

視方を変えると、少しだけ優しくなれる、他者に対して、自分に対して。

 

そう、この世に存在するものは、「敵」ではなくて「味方」だという考え方が自然にわいて来るからです。

 

それでもまだまだ「敵」意識を持つ自分を感じたりしながら、それもまた「ヨシ」と思える自分が生まれていたりします。

 

平成は、きっと私にとってはそんな時代でもあったんだろうな。

 

 

 

更地になったからと言って、すべてがなくなったわけではありません。

 

すべてがシャッフルされた、という感覚でしょうか。

 

何も存在しない「ゼロ」ではなく、すべて存在している「ゼロ」、かな。

 

その「ゼロ」の中から何を引き出すか、何を際立たせるか、それとも何も引き出さず、何も際立たせないのか、それは今はまだわかりません。

 

ただただ流れに身を委ねる、ということしか。

 

まったく個人的に、この感覚がすでに始まっています。

 

今まで大騒ぎしていたことがウソのよう。

 

でもきっとこれからもまた大騒ぎをしそう。

 

それでもなんでも「ヨシ」の時代。

 

 

 

気持ちいい風ですね。

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る