新時代の風~ハナミズキ、ダリア、そして蝶との出逢い

気持ちのい~い風が吹いています。

 

わが家は今、窓、全開。玄関ドアまで開けて、風の通り道確保です。

 

あまりにも気持ちいいので、窓ふきまでしてしまいました。

 

いいですね。こういう日は、得した気分。

 

いよいよハナミズキの花が咲き始めましたよ~。

 

ハナミズキの花言葉は、「私の想いを受けてください」「永続性」「公平にする」などなど。

 

さらにホーム・センターで赤紫のクッキリとした大輪ダリアに出逢いました。さっそく、わがやに連れて帰りました。

 

ダリアからのメッセージは、「進化」「自尊」「威厳」なんだとか。

 

そしてふと、目をやると、ゼブラ模様のアゲハ蝶。今季初、です。蝶からのメッセージは「変容」「舞う歓び」「人生の蜜を味わうこと」。ちなみに天使系でいうと、ゼブラ・カラーは大天使ウリエルとの説が。なんでもウリエルは自然を司り、また人間にインスピレーションを与えてくれるものらしいのです。一説によるとウリエルは堕天使というとらえ方もあるようですが、私の場合、どちらでも構わないので一応大天使というお話で通します。

 

天使系が苦手な場合は、ここはスルーしていただいて。

 

それにしても、心地よい流れを感じます。

 

ハナミズキはもしかしたら、ウリエルの言葉を代弁して「私の想いを受けてください」かもしれません。それとも「公平」、この単語、ハートに響きます。みんな、この地球上においては「公平」な恵みをいただいているよ、というメッセージの可能性もありますね。

 

だから、威厳をもって、自分を尊重して。

 

ほら、いつまでもそこにとどまっていないで、安心して人生の蜜を味わいなさい。人生の舞いを楽しみなさい。

 

かな。

 

私は元々「野生児」の傾向があって、自然大好き、お花大好き、蝶々や動物大好き、です。

 

そのくせ、中途半端な都会に住んでいます。

 

それでも、人工的に創られた土地だったとしても自然はいっぱい。

 

毎日、毎日新たな発見が楽しめます。

 

きのう、法事でたった一日家を空けただけなのに、桜はかなり散ってしまって、あ、これ、綺麗と思ったら八重の桜とハナミズキ。

 

ハナミズキ、花水木、ですよね、この花が大好きなので、こころが湧き立つ気分。

 

で、アゲハ蝶ですから、気分はますますアガリます。今まで黄色い蝶や白い蝶には何回か出逢ったのですが、いきなりゼブラ模様というので感激してしまいました。

 

アゲハ蝶には好かれる方なので、これから半年くらいアゲハ蝶とのデートが楽しめるんだな、って。

 

天使系のお話は、好き嫌いがわかれるところなのでどうしよう、とも思いましたが、自然を司るウリエルがゼブラ模様だというので、これは関係あり、とお話することにしました。

 

つまり今回の隠しテーマは、まちがいなく「自然との協調、共生」なのです。

 

平成時代、私の住む街は、東日本大震災の被災地となりました。そのトラウマはずいぶんと長引いたけれど、新しい時代の風は、もう卒業していいんだよ、あの痛みからは、というメッセージを伝えてくれているようです。

 

どんな変化も成長の糧になります。あの震災で、大好きなこの街の一部が、まるで廃墟のようになったのは事実。けれどそこから、復興してきたのも事実です。まだまだ工事が続いているところがあるのも事実。

 

何一つ震災前と同じ、ということはありません。

 

その変化を逆手にとって、自分自身の糧にしていく、自分自身の意思で。

 

街路樹のツツジも咲きだし、百花繚乱。

 

季節の流れは早いです。毎日をしっかり楽しまないと、その流れさえ見失ってしまいそう。

 

季節の流れは、地球の自然現象、の流れでもありますね。それらを司っているのが大天使ウリエルなんだそうです。

 

何か起きるのかな。

 

私たち人間も自然の一部ですものね。自然の精霊たちがつかず離れず、私たちを見守ってくれているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

※ 追記

 

愛犬・華実とのお散歩、まるで初夏の面持ちです。

 

その時に浮かんできたのが、「ヒューマン・ネットワーク」から「ネイチャー・ネットワークへ」という言葉。さらに「地球ネットワーク」「宇宙ネットワーク」かもしれませんね。森羅万象すべてのものの中でのネットワーク。

 

平成時代、私たちは「絆」という言葉でヒューマン・コミュニティーを確立してきました。

 

さらにそれが多層的、あるいは多面的、複合的に拡がる、ということでしょうか。

 

仮に人間関係があまり得意ではなかったとしても、さらなる可能性が視えてきそうですね。

 

社会不適合者なんて言葉は過去の勲章になるかもしれません。 

 

新たな時代は、もうすでに始まっています。

 

私たち一人一人の意識がそれを創造していくのです、誰一人例外なく。

 

 

 

 

ページTOPへ戻る