新時代の風~新たな扉が開いた

数日ぶりの当エッセイ。

 

書きたいことが山ほどあって、何にしよう、と思いながらパソコンに向かうと「19」の数字が3個も重なっていました。

 

数字についてはまったく門外漢ですが、3個も重なるとさすがになんだろう ? って感じちゃいますよね。

 

もしかして、これって三位一体の意味でしょうか。

 

ちなみに「19」の数字には、「新しい夜明け」「新たな扉が開いた」「新しいエネルギーの蓄え」という意味があるらしいのです。

 

はい。

 

まさしく、「新時代の風」は新しいエネルギーをはらみながら、新たな扉を開けてくれました。

 

夜明けはいつも新しい一日の始まりを告げてくれる。誰に対しても、何に対しても。

 

私たちは特別意識なんかもつ必要はなくて、ただそこに「在る」自分を感じていればいい。

 

私は正しくてあの人は間違ってるの、といった正当性の主張も必要ありません。

 

みんな同価値なんですから、この地球上では。

 

すべての命が同じ重みをもっているのです。

 

今までの時代はどうでしたか ?

 

命の重みは均一でしたか ?

 

もし、均一でなかったのだとしたら、それは私たち一人一人の意識がそうだったから。

 

だったら意識を切り替えてしまえばいい。

 

新元号の発表がなされてから、私はずっとこんなことを考えていました。

 

私たち一人一人の意識が社会を創り、世界を創り、地球を創り、宇宙を創り。

 

誰もが自分の宇宙においての創造主なのです。

 

自分の宇宙とは、自分が生きる世界に他ならない。

 

自分が生きる世界を自分の意識で創り上げていく。

 

誰に気兼ねすることなく。誰に干渉することもなく、干渉されることもなく。

 

そんな時代が本当に来るんでしょうか。

 

そんな風は本当に吹くのでしょうか。

 

それさえ、私たち一人一人の意識にかかっているのなら、私は大いに風を吹かせてしまいます。

 

私の命において「主」は私自身に他ならないから。

 

私自身が私に逆風を吹かせる必要はまったくありません。

 

思いっきりの追い風、心地よく。

 

私にとっての三位一体とは、心と身体と魂の一体化の先に在るもの。

 

なんだと思いますか ?

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る