新時代の風~ゼラニウムからのラブ・レター

わがベランダのゼラニウム、満開です。

 

ゼラニウムは冬の間、一旦休眠期に入る、との情報がありましたが、それほど陽当たりの良くないわが家でも、無事に冬を過ごしてくれました、お花はきちんと咲いていました。

 

それだけでも嬉しいのに、今、まさに、満開。ピンクと赤の二色です。中でもピンクの勢いが半端ない。

 

ゼラニウムからのメッセージは「幸福」「癒し」「新たな歓び」なんだとか。

 

前エッセイでのすずらんからのメッセージに「幸福の再来」というのがありましたね。

 

「新たな歓び」、これですね、今回のポイントは。

 

さて、ゼラニウムについてさらに少しだけ調べてみました。

 

ゼラニウムのピンクとグリーンのバイ・カラーは、ヨーガの伝統によるところの「ハート・チャクラ」の色だそうです。中医学でいうところの「心」。

 

これ、以前お話した胸腺チャクラとも関係ありそうですね。

 

自分自身への愛、さらに他者との調和、ハーモニー、協調、の意味でしょうか。このエネルギーは金星と関係があって、金星は女性性のエネルギーの象徴でもあるんだとか。

 

女神系のエネルギーです。ということは、中医学、東洋医学ですね、それの「腎」と関係あり。つまり、私の著書でいうところの「女性ホルモン・ゾーン」です。さらに言っちゃうと「丹田」にも関係ありそう。

 

と言うことは、ゼラニウムは「ハート・チャクラ」、さらに「第二チャクラ」とも連動していると考えられそうです。

 

「腎」が強くなると「生命力」が上がります。

 

「生命力」が上がると「人生に歓びが満ちて、新たな幸福感に包まれる」という意味でしょうか。ハートの力、心臓ではなく、それもバランスがとれながら本来の力を存分に発揮してくれる、ということなのかもしれません。

 

ゼラニウムは陽当たりが良くないと咲いてくれないこともあって、過去に何回か枯らしてしまったことがあります。

 

今回は、休眠期にも休まず、しっかり咲き続けてくれました。

 

本来、お休みをして力を蓄えるべきところ、ありあまる生命力でずっと咲き続けてくれている、ということなのかしら。

 

それとも、太陽だけに頼らなくても、土の力と相まってさらに、きちんと強く生きられるよ、ということでしょうか。

 

ここに含みがあること、おわかりですか ?

 

太陽と土の協調、相互依存の象徴。

 

相互依存は、共依存とは異なる概念です。お互いが自立し合いながら、お互いを支え合う、本来の私たちの姿。

 

女性性と男性性の統合、融合。

 

なるほど。

 

ピンクは女性性の色でもありますね。

 

グリーンは、ピンクの補色の意味合いもあるのかも。

 

本来は、赤とグリーンが補色なんですけど。

 

とすると、わがベランダの「赤い」ゼラニウムにもきちんと意味があります。

 

女性性が成熟した。これが「ピンク」ゼラニウムからのメッセージ。

 

女性性と男性性の和合がうまくいったよ、が「赤い」ゼラニウムからのメッセージ。

 

新時代、「和合」の時代でもある、という意味でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る