新時代の風~陰陽バランス

陰陽と聴いて、あなたはどんなことを感じるでしょうか。

 

例えば、「陽気な人」「陰気な人」のように、陽がよくて、陰はそれに劣っている、という捉え方が一般的かもしれませんね。

 

私も数年前までそう捉えていました。

 

違うんだ、陰と陽は、その特徴のあらわれ方の違いなだけで、本来は一つのもの、本来は陰陽と分離しているものではないものなんだ、とわかったのは、ここ最近のことです。

 

その大元の考え方が中国の「陰陽思想」です。それを形にあらわしたのが「太極図」。

 

そんなことも知らないで、私が太極拳をはじめてそろそろ6~7年になります。間があるのは、いつだったか明確に覚えていないから。太極拳を始めたばかりの頃は、陰陽思想さえ知りませんでした。

 

きょうは、太極拳のレッスンの日。ここ一年間くらい、太極拳レッスンはお休みしています。きょうは、以前教えてくれていた先生の「代行」レッスンなので、楽しみにしていました。

 

レッスン内容は危なげなく、さすが、先生、と気持ちいい時間。レッスン終了後、先生に、「先生、気の通りがよくなったみたいで手をひらひらするだけで気が動くようになりました」とお話したら、「あなたは天使だから」と。

 

以前にも先生に「あなたはピュアね」と言ってもらったことがあって、やはり「気」の先生には「気」がわかるのよね、と、ちょっと嬉しい気分。

 

なのですが、「天使な私」の分だけ「悪魔な私」もいて、「ピュア」な分だけ「汚れた」私もいて、その両方があっての私なんだ、とそこでエネルギーの相殺。

 

この感覚が身についたことこそ、太極拳レッスンのお蔭だと感じています。

 

「そうなの、私は天使ちゃん」とだけ思っていたら、いつか「悪魔な私」が大暴れしてしまうし、「そうなの、私はいつまでたってもピュアなの」とだけ思っていたら、いつか「ダーク」な私が大暴れしてしまう。

 

両方共に同じ価値。両方があっての私。両方がグルングルンとまわっているのが私のエネルギー。

 

そう感じると、エネルギーの滞りも少なくなって、割と良い塩梅がキープできます。それでも、完ぺきなバランスをキープし続けるのは至難のわざ。というより、それは人間である以上無理なんです、私が個人的に感じるところでは。

 

私が、なぜ、ヨーガにつまづいたか。

 

それは、ヨーガは、天地のエネルギーの感覚のものだから。つまり、上下なんです、ヨーガの概念のエネルギーは。ヨーガはそもそもカースト制度と連動した修行スタイル。もちろん今のヨーガはエクササイズ志向なので、そもそもの修行スタイルとは考え方も内容も変わっています。

 

けれどどこかで目にしたのは、ヨーガのエネルギーは、二つの△の重なり合いで「六芒星」のエネルギーと同じだと。△と▽の重なり合い。

 

太極拳の太極図は、どこまで行っても〇。

 

どちらが良い、ではなく、今の私には「〇」のエネルギーの方が気持ちいいみたい。

 

平成の最後の最後に太極拳レッスンに参加できたのは、きっと、新たな時代もあなたは「〇」で生きなさい、「〇」の方があなたには合っているのだから、と誰かが道案内してくれているからなのかもしれません。

 

太極拳の先生は、二年前だったか、脳の病気で突然倒れました。ここ一か月くらいのことです、やっと復活してくれたのは。それでも先生は、手足などに麻痺などはないものの、天候によって身体が重かったり、頭が痛かったりはあるそうです。

 

つまり、私たちの身体は、完ぺきなんてあり得ない。いつもどこかが微妙にずれていて、でもそのずれを自分自身で感じながらうまい塩梅で調整していく術を身につけているんじゃないかと、そう感じました。

 

〇〇をすれば、最後まで健康でいられる。

 

それは理想であり、幻想です。健康法だって、食べものだってそうでしょう。

 

ただ、そうすることによって「希望」は生まれる。願いが100%叶わなくても、気持ちは少しだけ楽になる。ということは血管が緩みます、いい感じに。

 

健康ブーム、自然志向の中で、突然脚光を浴びるエクササイズもあれば、ブームにもならないけれど、地道なバランス感覚を見つけられるエクサイズもある。どちらが自分に合うか、そんなことを見極めながら、自分流、自分風健康生活を楽しめばいい。

 

先生のレッスンは、期間限定です。きょうの後、いつレッスンを受けられるかわかりません。また、お家でYouTubeを観ながら、一人太極拳レッスンに励むことになりそう。

 

太極拳の素晴らしいところ。

 

上手下手ではないところ。もちろん競技などもあるようですが、私レベルだと、ただただ気持ちいいだけ。どこかで目にしたのですが気功の考え方は「天と地のエネルギー、そして植物のエネルギーを取り入れる」というものの。太極拳も基本は同じです。

 

今調べたら、「植物」が見つからない。

 

天と地のエネルギー、ヨーガでいうところのプラーナです。

 

実は、太極拳とヨーガは親戚みたいなもの。

 

それでも私には「植物」の要素が入るらしい !  太極拳の方が気持ちいいのは、植物の波動に「何か」が隠されているからなんでしょうね。

 

個人的意見です、ヨーガはダメ、という意味ではないですよ、あくまでも「今の私には」ということです。

 

もちろんラジオ体操だって、なんだっていいんですから、自分が気持ちよくなれれば。

 

そうそう、ピラティスのお蔭で体幹力が少しだけ強くなりました。きょうの太極拳のレッスンで、明確に以前の自分の身体との違いがわかりました。ピラティスはヨーロッパ生まれのエクササイズです。

 

西洋と東洋の融合。それも新時代の私の大きなテーマのようですね。

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る