ペチュニアからのラブ・レター

「ももいろハート」

 

なんともベタなネーミングのペチュニアを買ってきました。

 

正確には、サントリーのオリジナル品種で「サフィニア」。

 

白い花の中に5個もピンクのハートが紛れ込んでいて、即決。一目ぼれ、というヤツですね。

 

ペチュニアの花言葉。

 

「あなたと一緒ならこころが和らぐ」

「こころのやすらぎ」

「こころがなごむ」

 

ん ?  「和」と関係ありそう。

 

ちなみにピンクのペチュニアには、

 

「自然なこころ」

「繁栄を極める」

 

という言葉が。さらに、自分を偽らず、自分をしっかり持って、というようなイメージもあるようです。

 

ペチュニアは元々はアサガオに近いんじゃないかな、と思い、「アサガオ」の花言葉を調べてみると。

 

「型破り」

「自発性」

 

かなり、ペチュニアの花言葉とイメージが異なります。

 

個人的には、「自分をしっかり持って、時にそれは人から視れば型破りにも思えるかもしれないけれど、とことん自発性にこだわって。それこそがあなたにとっての自然。あなたが自然に輝くとき、私もこころが和らぐの」というようなメッセージかな、と受け止めました。

 

私は、ペチュニアは、色の濃いものが好きでいつもは、紫、あるいは「黒」と呼ばれる濃い紫、さらに鮮やかなローズ・パープルのような色を選ぶのですが、なぜか、今回は淡いピンク。

 

淡いピンクは女性性の色。

 

また、ハートの色でもあるんです。

 

私のハートがいつもより、「女性性」よりの、和らぎモードに入っているよ、というサインなのかもしれません。

 

きょうは5月5日。5、には「変容」の意味があって、きょうはダブル、一段と大きな変容がやってくるんだろうな、と数日前から感じていました。

 

本日、初のパソコン開きの時間は「10時10分」でした。「551010」の並び、さらに「5」のダブルが「10」、それが3つ、ということで、そこにも何らかのメッセージを感じています。

 

そのせいなのか、当エッセイの管理画面がいきなり変わっていて、細かい項目表示がすべて「英語」に。

 

数日前、私の課題の一つに「東洋と西洋の統合」があるらしい、とお話したことのあらわれ、さっそくやってきたみたいです。

 

今、ふと浮かんできたのは、私は日本人だけれど、日本人である誇りを保ちつつ、それでも日本人に固執しない「地球人」「宇宙人」としての生き方が始まっているよ、というメッセージ。

 

ちなみに「5」には、多才、活動的、という意味もあるそうです。

 

そっか、「ももいろハート」ちゃんのハートの数も「5」。

 

フィールドの拡がり。現実になりそうですね。

 

それにしてもいきなりの「英語」表示。英語が苦手な私にはちょっとつらい。

 

でも、「なんとかなる !」ことを期待して。

 

いえ、確信して。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る