ばら園での芳香浴

ご近所のばら園でばらの匂いを嗅ぎまくってきました。

 

ばら園と言っても、私が勝手にそう呼んでいるだけ。たくさんのばらが植わっているところが二か所あるんです、家のすぐ近くに。

 

そこに紛れ込むようにして、そっと匂いを嗅ぎまくり。

 

両方とも個人の方の敷地ではありませんので、不法侵入ではないですよ。

 

一口に「薔薇」と言ってもみんなそれぞれ個性があって、当然香りもそれなりに変わってきます。

 

この花はいい匂いだな、と感じたのは、濃いピンクとローズ系のお花。

 

逆に、白とか真っ赤とか、私の鼻には匂いは届かないものもあります。

 

もしかしたら、それも相性なのかもしれませんね。匂いが感じられないのは、私の方。その匂いがキャッチできないだけ。匂いがない、ということではないのでしょうから。

 

芳香浴と言うと、アロマでの捉え方が一般的。私はアロマには疎く、ほんの時々、近くのアロマショップで、肌に直接塗ることができるアロマオイルを買う程度です。

 

今、あるのは、ちょうど薔薇のエッセンス・オイル。意識して買ったわけではないので、オイルちゃんが私にささやきかけてくれたのかもしれません。

 

ばら園で匂いを嗅いでいると、ゼブラカラーのアゲハ蝶がしつこくアプローチしてきます。

 

一説によるとゼブラカラーのアゲハ蝶は、ウリエル大天使意識のあらわれなんだとか。天使系苦手な人は適当にとらえてください。そのウリエル大天使には、自然を司る役割があると、先日お話したことがあります。

 

頭の真ん前で旋回しまくっていたので、アゲハ蝶ちゃんなりのご挨拶だったのかもしれません。ちなみに蝶からのメッセージは「変容」とか「舞う歓び」です。蝶は私たちの人生に彩りと歓びを運んできてくれると言います。

 

彩り。ばらの色はそれぞれです、色とりどりです。人生の歓びも色とりどり、の意味なのかもしれません。

 

ばらの意味するものに「愛」「沈黙の力」「情熱」があるともお話しましたね。

 

ふと感じたのは、愛とはものすごい寡黙なものなんじゃないかな、ということ。

 

愛とはこうあるもの、こうあるべき、とさまざまなところでさまざまな人たちが愛の伝道師として、愛を語っています。それはそれでとても素敵なことです。

 

もしかしたら、さらに深い愛をキャッチしている人は、愛が何たるか、愛の人として生きるにはどうしたらいいか、なんて口に出すことはなくて、ただその人自身の愛を放射しているものなのではないでしょうか。

 

「これが愛なんだよ」という意識もなく。

 

意識しなくても愛があふれてしまう。

 

ばらを視て、そんなことが思い浮かんできました。

 

芳香浴って、鼻でかぎわけるものですよね、匂い成分を。

 

ひょっとして私たちは五感以外の何かで、ばらのメッセージをキャッチすることができるのかもしれません。

 

動物君は、きっとそれを知っている。

 

その状態があたりまえなんだ、ということも。

 

そう言えば、きょうもばら園でくまんばちに遭遇。

 

ずんぐりむっくりの体形がとてもかわいくて、思わず笑みがこぼれます。

 

何年前からかな、蜂が全然怖くなくなったのは。

 

蜂は人間側が「怖い」という波動を出さない限り、襲ってこないという話を聴いたことがあります。

 

私は小さい頃、蜂にさされたことがあって、それなりにトラウマがあるはずなんですが、ここ最近は蜂が寄ってきても「大丈夫だからね」と蜂に語りかけるようにしています。そのせいなのか、蜂たちは、頭の周りを飛び続けることはあっても、攻撃を仕掛けてくることはありません。

 

人間同士もそうなのかも。

 

自分がトンガるから、相手もトンガるのでは ?

 

ばら園での芳香浴、楽しかったな。

 

エッセンシャル・オイルがなくたって、十分楽しめますね、植物たちの力。

 

 

 

 

 

 

※ 追記

 

参考 『アニマルスピーク~自然の力を借りる』 テッド・アンドリューズ著

 

当エッセイを執筆する時は、たいていの場合参考文献をみません。思いつくままに書くことが多いんです。

 

ただし、上記参考文献だけは、そこそこ活用させてもらっています。

 

なんとなく、本のタイトル通りのことが起きているような気がしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る