自分のペースを知る

マイ・ペース。

 

どんなところでも頻繁に使われる言葉です。

 

例えば、ヨーガのレッスン。先生のほとんどが「マイ・ペースで」と言います。

 

現実的にレッスンを受けていると、マイ・ペースは保てません。がんばっちゃうんです。人がいるので。先生も、「マイ・ペースで」という割に、「はい、もう少しできますよね」とか言いながら身体をギュッ~、と押したりして。

 

私がそういう性格だから、そういう先生を引き寄せている ?

 

そっか、私には強迫観念があるんだ。

 

私は、頭の回転は割とはやい方なんです、けれど身体がそれについて行かない。指令系統がうまく働かないのか、伝達がスムーズに進みません。

 

頭はセカセカ、行動はドンクサい。

 

このギャップに今、気が付きました。

 

頭では「もう少しできる」と思っている、スピードも含めて。

 

身体は「無理無理、絶対無理」と思っている。

 

なんでこんなことに気がつかなかったんでしょう。

 

ハードルを上げてしまうのですね、スピード込みで。

 

早くしないと大変なことになる、とか、これができないと大変なことになる、とか。

 

多分、生存競争に生き残れない恐怖があるのではないでしょうか。

 

私は、人からは「マイ・ペース」と思われています。無理やり人のペースに合わせようとしないから。

 

そうではなかったんですね。

 

自分のペースに合わせていなかった、合わせられなかった。

 

だから、人にも合わせられない。

 

あぁ、これが私なんだ、と納得してしまいました。

 

私は、身勝手で人に合わせないのではなく、自分のペースがつかめないから、頑張りすぎてとても人のペースまで意識が回らない。

 

アップアップの結果だったんです。

 

う~ん、なんか、かわいい。

 

いつもいつもがんばってきたのに、自分のペースがつかめていなかったなんて。

 

基本、がんばりすぎ。そこを抑えておけば、本当のマイ・ペースがつかめるようになる。そうすれば自然に人のペースにも合わせられるようになる。

 

シンプルすぎる理論だけど、今まで気づかなかったということは、余裕がなかったんでしょう。いつもイッパイイッパイで。

 

それでも何とかなったんです、私の人生。

 

ココをお伝えしたくて。

 

そう、マイ・ペースがつかめなくて、アップアップしていても、なんとか人生まわってくれます。

 

焦らないで、自分を抱きしめてあげましょう、自分自身で。

 

自分で気づいてあげる、自分自身のこと。

 

「待ってたよ~」、そんな声が私たちの中から聴こえてきそう。

 

ふぅ~っ、と力が抜けた時、人は本来の力が発揮できると言いますね。

 

期待しちゃおうかな。

 

いい感じで流れに乗れたみたいだから。

 

ちなみに私には多動性の傾向があります。頭がアチコチに飛んでしまう。

 

これは自然の中にいると、「独創性」というメリットを生むんだそうです。

 

多動性 = デメリット、だけではないということ。

 

そう、多動性気質、私が勝手に名付けました、それは私の大切な個性だということ。

 

そういう人、他にもいっぱいいるんじゃないでしょうか。クリエイターさんには多いんじゃないかしら、このタイプ。

 

自分に向き合う。

 

自分の一見「欠点」も、場合によっては「長所」になります。

 

それに欠点だと思っているのは、自分だけかもしれません。

 

私の場合、マイ・ペースがつかめていなかったという欠点があるけれど、他の人から視ると「がんばり屋さん」という長所になったりするかもしれません。

 

ほんの少し、こころのスペースを拡げるだけで、この世界の視え方は全然変わってくるものなのかもしれませんね。

 

自分を必要以上に大きく見せる必要はない。

 

等身大が一番です。

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る