骨盤の痛みの先にあるものは ?

骨盤が痛い。

 

どうも、ぎっくり腰は治っているようです。

 

完治、ではないのかしら。

 

先日、ピラティス・レッスンを受けた時にもたいていのポーズは問題なくできるんです。ただし、右の骨盤と股関節だけは痛い。

 

さきほど、自転車に乗って、海沿いの道を走ってきました。

 

自転車はお初。今まで乗っていた自転車はスポーツ・タイプ。今回はママチャリ。

 

ぎっくりをやって、少し弱気になっています。安全性、安定性が一番と。どっちにしろ自転車は買い替えるつもりだったのですが思っていたよりは、安全性同時に不安やリスクに気持ちが傾いているんだな、ということですね。

 

気持ちが良いので、割と長距離走りました。私にしては、の長距離。

 

走り終わって、やはり腰は痛くない。けれど骨盤がジュワジュワと動く感じ。

 

これはぎっくりをやった当初もありました。痛みではなく、ジュワジュワっと泡が動いている感じです。

 

と考えると、今の状態は、「腰」ではなく、骨盤の何か、なのでは ?

 

元々私は骨盤がかたく、しかも歪んでいることは確かです。そのために骨盤エクササイズをやったくらいなので。なぜか、先生が途中でいなくなってしまい、結果的にピラテティスにたどり着きました。

 

ピラティスは骨盤矯正にダイレクトにつながるエクササイズではありません。ただ全身の歪みを少しずつ整えていくタイプなので、もしかして、これはピラティス効果でしょうか。

 

そう、痛みというようなネガティブ方向ではなく、骨盤が緩んでいる、というポジティブ方向なのかもしれません。

 

ネガティブがポジティブに劣る、ということはありませんけど。

 

一説によると、骨盤には、深~い怒りが蓄積しやすいんだとか。私たちの意識や感情って、自分が体験したものばかりではなく、過去生のものもあったり、あるいはご先祖さまやまた集合意識としての念などもあったりするので、何をそんなに怒っているのかしら、と追いきれない部分もあって。

 

そうなったら、どんな意識かわからなくても、ただ怒りらしきものを感じきる、という方法しかありません。

 

これをセラピーなどを受けて解放していく方法もありますし、私のようにただ感じるという方法で昇華していくやり方があります。

 

元々、私はものすごく股関節がかたいので、何かあるな、とは感じていました。

 

そのため、ヨガをやったり、ストレッチをやったり。それでもまるでやわらかくならない。相当なエネルギーがつまっているみたい。

 

それがジュワジュワっと動きはじめている。

 

なぁんだ、ぎっくり腰効果じゃない ?  とまたまたお気楽脳が反応しています。

 

骨盤には「受け容れる」「育む」「産み出す」という役目があるので、もしかしたら、この辺かな、このジュワジュワ感。

 

ということは、ぎっくり腰は、骨盤の解放のための呼び水だった、ということでしょうか。

 

そう、ある意味目くらまし。痛みにばかり意識を取られていたら、骨盤の解放には気づけなかったかもしれません。

 

痛み、という一見ネガティブの奥に、こんなに大きなプレゼントが隠れているなんて。

 

勝手に骨盤の解放、と決めこんでいますけど。

 

だったら愛犬・華実とのお散歩ももう大丈夫ですよね。

 

念のため、ぎっくりは 骨盤のトラブルではなく、背中の下の方の筋肉、筋膜あたりのトラブルらしいです。

 

腰回りの捻挫ですから。

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る